コインランドリーでの毛布の洗い方は?乾燥の温度や時間についても

洗濯に関するまとめ

寒い時期には欠かせない毛布

よく使うからこそ、
汚れやすくもあります。

体を温めてくれるだけあって

汗に触れる機会が
多いですからね。

ただ、「自宅で毛布を洗いたい」
と思っても、

ハードルが高く感じる方も多いのでは?

そんなときは、コインランドリーの利用がオススメです。

乾燥機も使うことで
楽に、きれいに仕上げることが
できますよ。

今回の記事では、コインランドリーで毛布を洗う方法や
注意点を解説していくので、
興味があれば、ぜひ参考にしてみてください。

コインランドリーでの毛布の洗い方は?注意点も

さっそく、コインランドリーでの毛布の洗い方
解説していきます。

まず注意点として、毛布によっては
洗えない素材が
使われていることもあります。

ですので、洗濯表示を見て、

洗濯機マークや手洗いマークがついているか
確認しましょう。

洗える素材の一例↓
・アクリルなどの化学繊維で作られたもの
・綿毛布

洗えないもの
・ウール
・シルク

ただ、毛布は綿やポリエステル、アクリルなどの素材が
使われやすいため、
多くの場合は問題なくできると思います。

中には、水洗いで傷んでしまうものもあるので
洗濯機やコインランドリーで洗えるのか
手洗いのみOKなのか

水洗い自体NGなのか

チェックしましょう。

コインランドリーには、いろいろな大きさや
機種の洗濯機が置いてあります。

自宅近くのコインランドリーで洗濯と乾燥ができる
毛布の素材も
事前に確認しておきたいところ。

自宅では気軽に洗えない量でも、

コインランドリーだと一気に洗濯できます。
利用する際にはぜひ、家族全員の分をまとめて
キレイにしましょう。

洗濯するときには、
大型の洗濯ネットを
用意しておくと良いです。

洗濯ネットに入れることで、
毛布が傷むのを防ぎやすくなります。

大きめのネットでも100均などで
かんたんに入手できるので、
事前に準備しておきましょう。

洗濯ネットに入れたら、
あとはそのままコインランドリーに
おまかせするだけ。

価格については直接行くか
ホームページを見るかで
確認しましょう。

乾燥機にかけるときの温度や時間は?

乾燥機にかけるときの温度は、60度以下を選ぶようにしましょう。

化学繊維の毛布は熱に弱く
高温で乾燥すると
生地がごわついたり、毛玉ができる可能性が。

「すぐに乾かしたい」と思うかもしれませんが、
布団を長持ちさせるためにも、
温度は60度前後(中温)にして乾燥させましょう。

また、時間については、厚手の毛布で
30〜40分程度が目安になっています。

まとめ

今回はコインランドリーで毛布を洗う方法について
解説しました。

コインランドリーでの洗濯は

大容量で一気に洗えたり、
すぐに乾燥機にかけられるなど

利便性が高いです。

大きめのサイズを選択できるので
綺麗に洗えますし。

ダニ対策としても
効果的な高温風の乾燥機があり、
最短1時間ほどで終わるのも良い点。

その反面、家庭の洗濯機よりパワーが強く
繊維が傷む可能性が。

自分で持っていく必要もあり、

手間に感じることも。

落ちにくい汚れがついた毛布を
どう洗うか、と

悩まれている方も
多いかもしれません。

宅配クリーニングでは、
そのような問題を解決して、
きれいな仕上がりで

家に届けてくれます。

毛布のように大型の洗濯物も
気軽に出すことができますので、

洗濯がわずらわしく
悩んでいるのであれば、
検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました